• TOP
  • 社員インタビュー

社員インタビュー

賀嶋 健二2006年入社

  • 1.仕事に対して情熱を持つ先輩に憧れて 高校時代から建築業界に興味があり、大学も土木工業科を専攻しました。就職活動をするときは土木・建設業界に重点を置いていました。 杉本興業に入社を決めたのは、埼玉県出身の私にとって、当社は地元のゼネコン企業であり、設計から施工まで幅広い業種に携われる点や、建設業だけでなく解体事業、リサイクル事業まで手掛ける資源循環型企業だったことに魅力を感じたからです。

    大学4年のとき水質調査を専攻したこともあり、地球環境にも配慮しているという会社の姿勢に共感を覚えました。 会社説明会や面接でお世話になった担当者の方と話していると、お客様の要望に沿えるように最善を尽くしながら建築という仕事に取り組んでいる姿勢が伝わってきて、こんな人と一緒に働くことは、自分自身の成長につながると思いました。

    実際に入社してから、先輩の下で現場の仕事を覚えましたが、上下の隔たりなく自由に意見を言い合える環境だったので、目上の人にも積極的に自分の意見をぶつけました。そのようにして学んだことが今、役に立っています。
  • 2.現場の管理は人の心をつかむことから 私が所属する建築部では東京都内を中心にマンション、アパート、工場などの建設現場における施工管理業務をしています。具体的には施工図面や工程表を作成・管理する工程管理、現場の施工担当者の作業管理・安全管理、さらに施工における予算管理、品質管理等を行っています。覚えることは多いですが、私は現場で一つひとつ学んでいきました。

    建設現場では、話すことが仕事のように思えます。現場には多くのスタッフが集まっていて、しかも年齢は私よりずっと上で、経験も豊富です。彼らから見れば私なんかひよっこ同然ですが、立場は私のほうが上です。そういうスタッフと上手くつき合うことが、現場では非常に大切です。そのためには常に謙虚な気持ちで相手の意見に耳を傾け、こちらから現場の知識を教えてもらうことも必要です。

    その一方で、言うべきことは言わないと現場全体を管理することはできません。工程管理や安全管理も大切ですが、実はスタッフに信頼されるように、現場の知識を吸収し、コミュニケーションをとることも、仕事をするうえでの重要なカギなのです。
  • 3.お客様の感謝の言葉を糧に 当社の場合、建築部の社員は比較的に若い時期に現場を束ねる所長を務めるようになります。もちろんその上に統括する上司がいるのですが、入社して3~4年目でひとつの現場を任されるのですから、非常にプレッシャーがかかります。その重圧で押しつぶされて胃が痛んだことも一度や二度でありません。それだけに担当した物件が完成したときの喜びはひとしおです。

    所長として最初に携わった現場は一戸建ての民間住宅の新築工事でした。お客様が毎日のように現場に足を運ばれて、進捗を見守っていましたが、完成したときは「本当にいい家ができた。ありがとう」と握手をしてくれました。そのときのお客様の笑顔は今でも覚えています。 現在、私が任されているのは比較的規模の小さい現場ですが、いずれは大きな現場を取り仕切れるようになりたいですね。
ページトップへ戻る